身体均整師会付属均整センター

次代の身体均整師の育成のために、一般社団法人身体均整師会では、付属の均整センターを設立しています。

多くの方々に、安心して施術を受けられる確かな見識に裏付けられた身体均整法を提供してゆくための取り組みです。

毎週月曜日の営業日には、午前10:30~午後4:30(最終受付午後3:30)の間、一般の方々向けに割安な施術サービスの提供をいたしておりますので、ぜひご利用ください。

また身体均整師養成講座のカリキュラムを所定の成績で修了し、身体均整師の称号を与えられた卒業生は、一般社団法人身体均整会の正会員となれば、研修センターに参加して、学園講師を始めてとする経験豊富な指導員(身体均整師)の指導・監督のもとで施術の実習をつむことができます。

積極的に、均整センターをご利用され、ご自身のスキルアップ、キャリアアップの場としてご活用され、だれからも信頼される身体均整師として歩まれることをお勧めしています。

  • 【設立の目的】
  • 一般社団法人身体均整会が開催する身体均整師養成講座を修了した会員を対象に、身体均整師としてより高い技能と人格を身に着け、独立開業をはたしていくための研修の場として、身体均整師会付属研修センター(以下、研修センター)を設立します。

  • 【運営の主体】
  • 研修センターは、一般社団法人身体均整師会が設立し運営する施設です。

  • 【研修センター】
  • 研修センターは、代表者としてセンター長及び副センター長をおき、一般社団法人身体均整会代表理事がこれにあたります。

  • 【参加者の資格】
  • 研修センターに参加するものは、いずれも身体均整師会正会員で、会費を滞りなく納めている必要があります。施術にあたっては、かならず団体賠償保険へ加入しなければなりません。

  • 【研修員の業務ならびに責務】
  • 研修員になるものは研修期間中、以下に定める11の業務を通じて、円滑で安定した研修センターの運営に努めなければなりません。とくに別段の理由のある場合をのぞき、研修員は、それぞれの業務を均等に分担しなければなりません。

  • 【研修員の業務】
  • 1.集客、2.予約の管理、3.顧客への対応、4.施術環境の整備、5.金銭の管理、6.施術、7.施術の記録、8.施術内容の引き継ぎ、9.施術内容の反省、10.施術情報の活用、11.研修センターの維持・管理。